頬のたるみの原因と改善方法

頬のたるみは顔のパーツの中で最も目立ちやすく、見た目の年齢を最も大きく左右する場所です。原因と改善法について簡単に紹介します。

 最初が肌内部のハリ成分の衰えです。加齢や乾燥、紫外線により肌の弾力成分が減少します。レナセルクリアセラムの効果

 次が顔の筋肉の衰えです。加齢や無表情、への字口などの癖により筋肉が弱まるとなります。

 最後が顔面の骨の萎縮です。加齢により骨密度が低下し頭蓋骨が小さくなると起こります。

以上の3つが主な原因となります。頬のたるみの原因は肌だけでなく顔の筋肉や骨まで関係しています。よって改善するにはエクササイズや化粧品、美顔器などであらゆる方向からケアすることが大切です。

たるみの原因は肌の表面に原因があるシミや小ジワなどよりも効果を感じにくく、どうしても時間が掛かります。根気よくじっくりすることが重要です。

改善方法についてですが、最初が頬や口元の筋肉を鍛えます。表情筋の中でも特にたるみに大きく関係する、口輪筋・大頬骨筋です。口の中で舌に力を入れ3秒かけまわし逆方向も行います。ポイントはゆっくり回すことです。次が大頬骨筋です。割り箸をくわえて『イ』の口にし30秒~1分キープします。これを1日3回しましょう。

特別な器具などは必要無く手軽にできるエクササイズです。一度試してみてはいかかでしょうか。