大人ニキビにはニキビ用商品を使わないで!

大人になってからまたニキビと再会して人はいませんか?

大人ニキビに思春期の頃の記憶で対処してはますます肌がれてしまいます。

リンクルシャイン

近所のドラックストアではニキビ用の商品がたくさん並んでいるし、自分に合いそうなキャッチフレーズを見つけることは簡単にできます。

けどちょっと待って!

ニキビ用の商品にはニキビの原因となる菌を減らすためにアルコールが入っているものがとても多いです。

”エタノール”や”アルコール”が含まれた名称の成分は全部いわゆるアルコールのことで、品質を保持したり、毛穴引き締め効果の収れん作用があるものではありますが、また乾燥しやすい特徴も持っています。

大人ニキビは、単純に思春期のニキビのように過剰な皮脂分泌を原因として対処すればいいものではなく、実は乾燥や鈍くなったターンオーバーが原因で肌自体のバリヤ機能が落ちて荒れていることが多いのです。そんな時にさらに乾燥を促進させるようなニキビ用商品を使うのはさらに肌を荒れやすくしているようなものです。

もちろん中には過剰な皮脂分泌が原因となっている人もいるかもしれませんが、どんなニキビ用商品を使ってもニキビが改善する用紙がない人の場合は乾燥対策に切り替えてみてほしいのです。

年齢を重ねると、少しずず肌自体が水分を保持する能力が衰えてきます、また新陳代謝も落ちることで肌のターンオーバーも鈍くなって、結果的に肌アレに繋がっていきます。

ターンオーバーが鈍くなっている肌には角質がたまっていて、せっかく保湿をしても角質に邪魔されてしまうので、まずは角質を取り除き保湿してあげましょう。

肌が潤いを取り戻し、余分な角質がなくなったあなたのお肌は肌のバリヤ機能もうまく働くようになり、ちょっとやそっとではニキビのできない肌になるでしょう。