マスクによる肌荒れ 解決方法お伝えします!

世界中で新型コロナウイルスが流行し、私たちの生活スタイルは大きく変化しました。
外出の際はマスクの着用がマナーになってきました。
そんな中、毎日装着することにより肌荒れで悩んでいる方も多いと思います。

マスクによる肌荒れの解決方法で【1番大切なのは保湿】です。

FACEEリキッドセラムプラスは効果あり?私の口コミ体験談を辛口評価でお届け!

《マスクで肌荒れが起こる原因って?》

①摩擦
マスクの着脱やズレを直すたびに、肌とマスクの繊維がこすれ合い、その度に肌の表面が削れ、デリケートな状態になっています。

②蒸れ
マスクをしたまま呼吸し、会話をすると、マスクの中は湿度が非常に高い状態となっています。室温・湿度が高い状態は雑菌が繁殖しやすい状態です。

③乾燥
マスクを外すと中の湿気が急激に外に蒸散されます。その時、肌の内部の水分も一緒に奪われてしまい肌が乾燥してしまうのです。

《具体的な解決策!》
①基礎スキンケアを徹底する
刺激の少ない基礎化粧品(導入液→化粧水→美容液→乳液)を使用し、毎日のお手入れを入念に行い、肌をトラブルから守れるバリアを作ってあげましょう。

②こすれが気になる所にはニベアの青缶を!
肌とマスクがこすれて、摩擦が起きやすい頬や顎、耳の後ろの部分には特に保護力の高いニベアの青缶を塗りしょう。

③汗をこまめに拭く
マスクの中は雑菌が繁殖しやすい状態となっているため、こまめに汗を拭き取り清潔に保てるようにしましょう。

④マスクの素材を変えてみる
マスクが触れる部分がどうしても敏感になってきているので、低刺激のシルクやガーゼ、コットンなどオーガニック素材の物に変えてみる方法もあります。

⑤かぶれ、湿疹が出てきた!
この症状はひどくなる前に皮膚科さんへ行き、専用のお薬をもらうことをお勧めします。

マスクによる肌荒れでは、保湿をし、清潔な状態を保ち、肌を保護するバリアを作ってあげることが大切です。
毎日つけるマスク習慣にプラスしてお肌のケアも心がけてみてください。