口臭が気になる方は検査しましょう。

あなたの口臭は臭いですか、臭くないでしょうか。

アリートの効果を徹底検証!購入して3ヶ月使用した私の口コミ体験談!

自信がある人も無い人も検査をおすすめします。

口腔外科で口臭について相談すれば口臭の原因や今後の治療法も考えてもらえます。
簡易での検査では「口臭チェッカー」を購入。
2000円~3000円ほどでネットで販売されています。

口臭の原因は人それぞれあります。
口臭は自分では気付いておらず、また人にも指摘しにくいです。
特に日本人は口臭がキツイと言われています。
その原因の一つとして日本人の性格があります
「礼儀正しい」「自己主張が下手」「集団行動と秩序のこだわり」などがあり
失礼な発言をしない、波風たてない平和主義の日本人が他人に対して
「口臭が気になります」などと指摘する人は少なく
気になっても我慢している人が多いと考えられます。

誰も指摘してくれない環境で自分の口臭が臭いと気付くことは難しいです。
少しでも気になり「口臭」で検索された方は検査を受けましょう。

口は空気を吸い、飲食をして菌が侵入しやすく繁殖しやすい場所です。
気にかけないと臭くならない人はいません。

口臭も口臭症という立派な病気です。
口腔外科に行けば検査してもらえます、時間がない方はネットで口臭チェッカーの購入をおすすめします。

口臭の原因と日々のブラッシングについて

口臭の原因はさまざまですが、原因の一つとして虫歯があります。http://yamanashi.main.jp/

虫歯は口臭の原因にもなりますが、放っておくと歯茎が炎症を起こしたり、最悪のパターンだと歯を抜くことになりかねません。なので、日々のブラッシングがとても重要です。このブラッシングについては力加減がとても難しく、ほとんどの人が強過ぎると言われています。実際に私も歯医者に行った際に先生から指摘をされました。

また、親知らずが生えてくると、奥歯のブラッシングが難しいので虫歯になりやすいです。力加減については、弱すぎるんじゃないかというぐらいでちょうどいいみたいです。

ブラッシングの方法については、鉛筆を持つ時の持ち方をし、歯と歯茎の間を細かくブラッシングするのが良いやり方です。ここで注意が必要なのが、歯茎に強く当てすぎてしまうと出血することもあり、その場合は力が強すぎるのでもう少し弱めてもいいかもしれません。いずれにしても、定期的に歯医者に受診し、メンテナンスを心掛けて口臭の原因である虫歯を予防するようにしましょう。

なお、あくまでも原因の一つなので、食生活やストレスなど、さまざまな原因が考えられますので、気にし過ぎないこともひとつの対策と言えるかもしれません。

口臭をしっかりとガムなどによって

口臭の原因ですか実は唾液が少なくなっているということがあったりします。唾液が減ると臭いやすいということがありますから、これはしっかりと改善するようにしましょう。口の中から出る匂いというのは唾液の分泌量に影響されるということであり、唾液には口の中を洗浄とか自浄する作用があります。

http://www.la-friche.org/

つまりは、唾液が少なくなってくるとその自浄作用というのはなくなってきてしまうということになりますので口臭もどんどん凝縮されて強くによってくるということになります。

朝起きると口の中がとても嫌な感じがするというのは睡眠中にあまり唾液腺が刺激されることが少ないので、朝はとても口臭が臭くなりがちということがあるわけです。つまりは、口臭改善として唾液をよく分泌させるようにするということを行動として行なっていてはそれなりに改善していくという可能性があるわけです。

食事をするというのも一つの手ではあるのですが、そうなりますとその食材によって臭くなることもあります。ですから口臭改善のガムなどを噛むのがお勧め出来ます。意外と口臭を改善させるガムというのが効果的なので試してみると良いでしょう。こうしたものはそんなに高額なものではありませんから心配することはないです。

口臭ケアはお金がかかることを痛感

私は確かに口が無臭というわけではないことは知っていました。でも、なんでもズバズバとものをいう妻から叱責のように指摘を受け、「あなたの口臭はくさすぎる」と言われた時にはショックを受けました。しかも、結婚して5年後には「耐えきれないので別の部屋で寝る」と言われたのには更なるショックを受けてしまいました。正直言って、私だって妻の口臭が気になることがあります。でも私は、比較的気を使うタイプなので、彼女に恥を欠かせてはいけないと思って、口に出せないのです。

http://watamamasmile.com/

私の口臭の原因はなんだろう?タバコかな?お酒かな?といろいろ検討しましたが、最終的には自分の胃腸があまり丈夫でないことが原因な気がしました。そして、その対策をどうしようかと考えていたところ、食生活の見直しです。しかし、簡単にはいきませんでした。

なかなか、体質を変えるなんてできないものなのです。そんな時、ネットで検索していて、芸能人のつるの剛士さんが、ソーシャルネットワークでブレッシュという口臭ケアタブレットをすすめていることをしり、笑をも掴む想いでその製品を購入してみました。そして、実際に使用し始めると口の中が爽やかになり自分でも心地よい香りなのです。この製品は、初回の価格は500円と安かったのですが、2回目以降は3千円以上するので継続するか正直悩んでいます。口臭ケアってお金がかかるのですね。

マスクが欠かせない今、必要な口臭エチケット

昨今、マスクを付けて生活することが1日の大半を占めている。http://www.humungusfungusfest.com/

これは情勢上、仕方のないことだ。

最初のうちは「マスクを付けていることによりフィルターができ、上司の口臭に耐えやすくなった」など、皮肉めいたポジティブな言葉も散見された。

しかし、マスク生活の長期化により、「マスクをしていることにより起こる口臭」についても着目されてきているように思う。

専門家ではないので全て自らで実験できたわけではないが、まず第一に口呼吸の人が多くなっていることが挙げられる。

季節柄、花粉症などで鼻が詰まり、口呼吸を余儀なくされることもあるだろう。これは一朝一夕で治るものでもないため、致し方ない面もある。ただ、「息苦しい」ことから、鼻よりも酸素を手軽に取り込みやすい口での呼吸をするようになってしまったという例は枚挙に暇がない。マスクをしているから、外からは口がぽっかり開いていることが分かりにくいこともあり、なかなか気を付けられないことも多いのではないだろうか。

こうなると、口内は必然的に乾く。これを改善するためには、意識的にマスクの中で口を閉じて、鼻で呼吸する癖をつけることが重要だ。

乾燥は臭いの元になる。潤いを保って口臭を減らすこと、外からの菌を直接体に取り込んでしまわないことの両面から、口呼吸を減らす、最終的にはなくすことは有効な対処法と言えるだろう。

また、口内には雑菌が多い。自分の口の中と思うとなかなか認めがたいのが人間の心理ではあるが、自分自身が清潔かどうかと口内の菌の量については分けて考えるべきである。

その際、まず手っ取り早く浮かぶのは歯磨き、うがいではないだろうか。それらをこまめに行うことにより、インフルエンザ患者が減っていることからも効果があることには間違いがないが、より口内を消毒するという意味では、歯科医等で専売されているうがい薬も有効だ。

私が歯科医に勧められたのは「コンクール」といううがい薬で、口内に含んでよく濯ぐ形式のものだ。

歯や舌など、口内を消毒し、雑菌をなくすことに効果があるとされている。実際に使用してみたところ、雑菌の減少には断言できないが口内がすっきりとする感覚が味わえる。

喉や体調(特に胃)も口臭に関係するため、口内だけのケアで全てが解決するわけではないが、口内とは就寝中にも唾液を飲んでいる場所だ。まずはそのケアから始めるというのは、口臭をなくす第一歩ではないだろうか。

口臭が気になる場面とセルフチェック

最近はコロナの影響もあり1日の大半マスクをして過ごす事も増えたかと思いますが、マスクの中でもたまーに自分で自分の口臭攻撃を食らう事があります。

対家族でならまだ百歩譲って我慢出来る事も、職場や知人となると相手の口臭も自部の口臭も気になるものです。私は近距離での会話などで相手の口臭が気になった場面で特に自分の口臭もこんなに臭いのではないか?!と気になります。職場で仕事を教えたり教わったりする場面ではどうしても距離が近づく事も多いのでハラハラします。

http://www.revolutioncraftbeer.com/

そこで、私の最近の口臭セルフチェック方法はマスクをさりげなく「パフッ」としてみる事です。若しくはトイレ等で自分の口元を手で覆い「ハァッ」と意気を吐いてみて確認しまs。そこで自分の口臭をチェックし、気になるレベルだった場合、まずは水分を摂ります。

(口が乾いていると細菌が溜まりやすく臭いの元となってしまうので意識して日頃から口を潤している方が良いと思います。)気になる口臭の状態で体内に水を取り入れる事に抵抗がある場合は、うがいをすると良いと思います。私は軽く水を飲んだ後にいつも持ち歩いている携帯型のマウスウォッシュでうがいをします。

口臭が気になる人がいてもなかなか「臭いよ」とは突っ込みづらいものです。そしてそれは相手も同じです。自分が気付かないうちに相手に不快な思いをさせずに済むように日頃からセルフチェックとケアを心がける事が大切です。

口臭について気づき、直す方法を模索する。

初めて私の口が臭いことに気づかされたのは小学生の時である。その日は朝から納豆を食べて学校に行ったのだが、歯磨きを急いでいたためしないで教室に入ってしまった。仲のいい子達が四人ほど集まってきていつもはおしゃべりをするのに何故か隣の二人は私のほうを向いて話してくれませんでした。もしかして嫌われてるのかと思い隣にいた美樹に二人きりになった時に聞きました。

ブレスマイルウォッシュは実店舗で市販されている?

すると、”ほんと悪いんだけど。今日何食べた?”と言われました。普通にごはんとみそ汁と納豆だと答えると、美樹は納豆食べたら歯を磨かないときついよと言ってきました。まさかそんなに臭いとは分からなくて、不機嫌になりその日は怒って家に帰りました。

夜ご飯になると弟が先に食べていて納豆を食べた後のパックがテーブルの上に置いてあったのですが、鼻をつまむほど臭かったです。美樹の言ってたきつい臭いの正体がやっとわかりました。納豆は自分が食べている時にはその衝撃的な臭さには気づかないのです。これを気に朝ご飯の時には必ず歯をしっかりと磨くようにしました。あの後美樹には家で弟の納豆パックの話をしたら”やっとわかってくれたー”といい抱きしめられました。しかも口臭予防させるために美樹はブレスケアというものを持ってきていました。もし、納豆だけが原因じゃない時に使えるように美樹の母親が持たせたみたいです。何やら胃の中からにおう時に使えるみたいです。

美樹には最初に口臭について教えてくれたことにすごく感謝しています。学生の頃のみんなは、小さいことでいぢめのたーげっとを決めたりするので、困りますよね。そうそう今でも美樹とは仲いいです。このままずっと仲良くしてくれることを願ってます。