自分最大の幼い頃からのコンプレックス

私は自分の体の中で、髪の毛のことがいちばんコンプレックスかもしれません。最初に感じた最も大きなコンプレックスは白髪でした。物心ついた幼稚園の頃から私の髪には白髪がたくさんありました。原因は分からず、その後も減る事はなく、大人になった現在も一番目立つ分け目の部分にたくさんあります。

http://www.thebath-room.com/

今は年齢的にも周りもそれなりに白髪がある人はいると思いますが、若い頃、特に小、中学校の頃はとても周りの目が気になり、「白髪」というワードを聞くだけで自分のことを言われているんじゃないかと思うほど敏感になっていました。それに加えて毛量も多く、硬く、どうして周りの可愛い子たちはみんなサラサラの綺麗な黒髪なのに、私だけこんなにひどい頭なのだろうといつもネガティブな感情を持っていました。

大人になり、今は自分のタイミングで美容室に行くこともできますが、やはり二週間もすると根本が伸びてきて目立つので、コストもかかるので頻繁に行くことできず、そのたびに憂鬱になり、モヤモヤとする為、未だに悩みは尽きません。おまけに髪質も厄介なので、上手く切ってくれる美容室選びにもかなり苦労し、現在引っ越しをしてしまい通っていた美容室から遠くなってしまったので、新しい美容室を探しているところですがなかなか見つかりません。まだまだ髪の悩みが解決することは遠そうです。