コロナ化の筋トレと精神力

コロナ禍になり、在宅ワークが多くなり、家にいることが増えたが、その分外に出る機会が減ったため、かなり太ってしてまった。

グラマラスパッツとメディキュットを徹底比較!私のおすすめ着圧レギンスの口コミレビュー!

そんな太り出す時になるのがダイエットだ。基本的に意志が強い方なので、誘惑に負ける人の気がしれないし、そういう人を馬鹿な奴だと思っている。

そんな僕がまず始めたのは、間食の量を固定する事。

基本的に在宅ワークで口寂しくてなんとなく食べてしまっている量が多く、買い物に行った際に無駄に買っていたなと反省したのがあるからだ。

何かを買うのはクレジットカードなので、明細を見れば一目瞭然で食費がかなり増えていた。

なのでまずはお菓子を買うのをやめて、ナッツもしくは入り大豆を取るようにした。

それだけで1?2kgは体重が落ちたので、ここからは少しの筋トレをする時間を設けた。

1日10回の腕立て伏せを3セット

これは何があっても必ずやる回数として、調子が良かったり、なんとなくやることのない日はこれよりも多くやってもいいと自分に言い聞かせ、筋トレを始めて1ヶ月経ったぐらいには3?4kgぐらい体重が落ちてきました。

現在も同じ数、同じペースでやっています。

僕のおすすめは自分が決めたらやめない状況を作れる回数とルールを決めるのが重要だと思います。